ガラスと少女 05

第5話

 次の日、さらは図工の授業が終わってからさっそく中野先生に話しかけた。
「中野先生」
「どうしたんですか?森沢さん」
 中野先生はやさしい微笑みを浮かべました。
「あの、先生に教えてほしいことがあるの」
「なんだい?」
「バラの上手な描きかたを教えて」
 中野先生はちょとんっとした顔をした。
「どうしたんですか?急に」
 中野先生がそう言うのも無理はない。今は木工をしているからだ。
「えっと、こういうのを作りたいの」
「どれどれ」
 さらは昨日一生懸命描いた完成図を中野先生に見せた。そこには四角く区切られた中に花が三輪描かれていた。どうしてもバラにならなくて、よくある花びらが五枚の簡単な花を描いたのだ。
「そこの花をバラにしたいの。だけど、どうしてもうまく描けなくって……」
「なるほどねー。ちょっと待ってね」
 中野先生はペン立てから古い鉛筆を手にとった。
「まずがこうして輪郭を描く」
 中野先生はふにゃふにゃと丸を描いた。これでは花ではなく綿あめだ。しかし中野先生は続ける。
「次はこうして……こうして」
 次に丸の内側でも下のほうに、輪郭と同じような線を描く。そして三角形をイメージしながら、線同士がくっつくようにバランスを考えて線を描き足す。するとあっという間にバラになった。
「ね、バラになっただろ?」
「わあ!すごいっ。もう一回描いて」
 今度はさらもいっしょにバラを描いた。そのときにどうすれば、よりバラらしくなるかアドバイスもしてもらった。
「はい。ありがとう、中野先生」
 さらは自分の思いが、どんどん目に見える形になっていくことが嬉しくてたまらず、教室に戻る足どりは軽やかだった。
 その日の休み時間はずっと自由帳にバラを描く練習をしていた。最初に比べるとずいぶんそれらしくなってきた。
 放課後にはけいちゃんとみゆちゃんに遊ぼうと声をかけられたが断った。一刻も早く図を完成させたかったのだ。自然と足が速くなる。
 もうさらの中には店長のことしかなかった。過ごした日々は宝物ののようにきらきらと輝いて、店長の穏やかな笑顔を思い出すと心が温かくなる。一目でもいいから会いたい。そう思った。けれどぐっと堪えた。きっと今会いに行っても、このあいだのように追い返されるだろう。だから『今は』まだ行かない。店長への思いをひとかけらも残さず伝えるために。それでだめなら諦めるしかない。けれど不思議と伝え切れるような気がしていた。

 完成図を描き終えたさらは、さっそくお母さんといっしょにビンを割った。玄関に新聞紙を敷いて、ビニール袋の中にビンを入れて金槌で叩き割った。お母さんはさらに軍手までつけさせた。さらは心の中で心配性だなあと思った。
 粉々になったガラスの中から使えそうなものを拾う。あまりにも小さいと使いづらそうなので、捨てることにした。作ってみて足りなかったらいけないので、お母さんにビンをとっておいてもらうことにした。
 部屋に戻ったさらは次の作業に移った。ガラスのかけらに油性の赤ペンでひとつひとつ色を塗る。
「しまった……色を塗ってから割ればよかった」
 思っていたよりも手間がかかることに気がついたさらは、少し後悔した。けれど大好きな店長に、思いを届けるためだ。
「何日かかったってきれいに塗るんだからっ」
 さらは小さな破片を赤いマジックで塗りはじめた。
 それはとても気の遠くなる作業だった。何日も何日もかかった。塗りむらなどないように、しっかり塗ったので余計に時間がかかった。放課後に遊ぶことも減り、休みの日には一日中ガラスの破片に色を塗っていた。花びらの赤、茎の緑、花束の包み紙の水色。
 気がつくと最後にフィーユに行ってから一カ月以上経っていた。
「終わったー!」
 ようやくすべてのガラスのかけらを塗り終えた。次の段階に移る。
 買った紙粘土をよくこねて、四角く形を整える。その上に、台所からとってきた竹串でうっすらと下書きをする。中野先生に教えてもらった描きかたを何回も練習したので、ずいぶんときれいに描くことができるようになった。その線を目印に花びらをガラスのかけらを埋め込みバラを咲かせる。しかし様子がおかしい。どんどんバラが赤い塊になっていく。
「あ、あれ?」
 これではまるでりんご飴だ。
「おかしい……なんで?」
 さらはじいっとバラからりんご飴になった紙粘土をまじまじと見た。どこがどうしてこうなってしまったのだろう。さらはうんうんうなった。たしかに線は引いた。それなのに、線がなくなっている。
「あれ?そういえば線手……。そうか、線が見えなくなったからんだ!」
 原因がようやくわかったさらは、何度も「そっかあ、そうだよねえ」と呟いた。当たり前のことなのに、やってみないとわからないものだ。
 さらは一度すべてのガラスを剥がした。ガラスには紙粘土がへばりついている。これではもう使えない。いや、もう一度使うことはできる。しかしきれいなバラにはならないだろう。店長にはきれいに咲いた、ガラスの花束を渡して思いを伝えたい。
「……しょうがないや。もう一回作り直そう」
 またビンを割って、ガラスに色を塗ることを考えると気が遠くなりそうだった。ため息が出てしまうのもしょうがない。けれどやめる気は一切ない。
「だって、この三本のバラがわたしの気持ちだから」
 この三本のバラが、店長への気持ちを必ず届けてくれるとさらはそんな気がしていた。
 愛しています。それが、さらが今一番伝えたいことだ。